<< 勧進帳 | main | 見慣れていく風景 >>

黒くぬれ

 
 
 

話題にしたくない2013年1月、アルジェリアでの出来事。

黒いカーテンで覆いたくなるよ、と話してくれたパリ在勤の友人とのBuzz Talk

 

アルジェリアは以前、フランスが支配していた、と書くとフランス人が怒るという。アルジェは自治区であり、フランス国、アルジェ県みたいなものだと。しかし、暴力的な抗仏戦争を描いた映画、「アルジェの戦い」を見る限り、そんなことよりアルジェに住む人たちから見れば、フランスへの思想の違い、宗教の違い、物質文明力の差からくる傲慢さだけが見えてしまう。官僚や評論家は手を汚さず本国、で引いた目で見るだけ。ベトナムに強引に介入したアメリカと同じ、帝国主義的発想だ。しかし、多くの近世における戦争はそうやって生まれてきたのは事実。

けっきょくフランスは、アルジェリアから撤退し、インドシナでは、ベトナムのディエンビエンフーで敗退し、徹底を余儀なくされた歴史がある。しかし、ハノイの官公庁のある裏手を歩いていると、コロニアル調の街並みが続きフランスの面影はいまだ残っている。西欧、アメリカ憎くし!の感情は当然今でもあるのだろうが、戦争が終わって35年以上。ベトナムでも戦争の風化が始まっている。

当時、そのハノイをニクソンの軍隊が空爆している。

 

スタンリー・クブリックがベトナム戦争を描いた「フルメタル・ジャケット」。同じベトナムでもオリバー・ストーンは「プラトゥーン」でジャングルでの戦いを描き、クブリックはフエのような街での市街戦を描いている。スナイパーとの息詰まる後半が終わり、若い兵士たちがミッキーマウスのマーチを歌いながら夜を行進していく。さしずめ日本なら、パーマンかドラエモンか

行進の途中で暗転になり、エンドロールが出てくる。イギリス人らしい?クブリックの選択なのか、流れるのはストーンズの「Pait it,Black(黒くぬれ)」。

 

I wanna see  paint it black
Paint it black, black as coal
I wanna see the sun blotted out from the sky
I wanna see ya paint it, paint it,
Paint it, paint it, black
I wanna see ya pain it, pain it
Paint it, paint it, black, yeah

 

黒く覆いたくなる気分は、このあたりの印象からも来ている、と友人はいう。

ヨーロッパに長くいるとそうなるらしい。

お前は?と尋ねられ、「目を背けると“バカの壁”になるから、無理してでも直視する」、と。

「日本人的かもな」、と言えば、「まあ、そういうな。いざとなったら逃げてしまう人間など、世界中どこの国でもいる」。「日本人だって同じだよ。潔く腹を切れた時代の武士は別として」。

 

ストーンズは当初ブライアン・ジョーンズがリーダー的存在だった。ジャン・リュック・ゴダールがストーンズの「Sympathy for the Devil」のアルバム制作を追いかけた映画、「ワン・プラス・ワン」。ミック・ジャガーが音楽的な監督として采配を振っている。が、やがてメンバーの中で孤立していくブライアン・ジョーンズをカメラが捉えている。ジョーンズは麻薬常習という問題が追い討ちをかけ、やがてストーンズを脱退。その一ヶ月後に死亡する。

この「黒くぬれ」でジョーンズは、シタールを弾いている。当時、インドに傾倒していったストーンズとビートルズ。ビートルズも「ラバー・ソウル」からシタールを取り入れた曲を演奏している。

 

ストーンズやビートルズを聞いていた時代。アジアでは大きな戦争があった。ベトナムやカンボジアに行ったのは、戦後15年くらい経過してからのこと。当時、海の向こうでの戦争は対岸の火事だった。社会に出て、問題意識が組織から世界に向けて行く中で芽生えていく。ジュリアナ、ワンレグボデコンで扇を振って踊っていた女性から、「アメリカは世界大戦に勝利し、ベトナム戦争でも勝利し、湾岸戦争でも勝利し、産業、音楽や芸術の最先端をいくすごい国だと」と聞き、扇を持った女性に対してでなく、ボクはジュリアナに幻滅したのだ。

だいいち、1975430日のサイゴン陥落の様子は外電でも伝えられ、アメリカ軍は這う這うの体でサイゴンから脱出し、そして会場で待っていた空母へ移る。着陸したヘリは次から次へと着陸するため海に捨てる。そんな映像を見れば、アメリカはベトナム戦争で勝利したとは誰も思うまい。勝利したのはベトナム人であって、扇を持った女性のいう文明国は地に落ちたのだ。

 

もうミッキーマウスの行進曲どころではない。

ストーンズの「黒くぬれ」の気分だったのだろう。

http://www.youtube.com/watch?v=waGTzO3qM_E

 

 

スカイプ使って、日本-フランス間 Buzz Talk 終了。

 
 
 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM