<< ミッション | main | 聞いた、、聞いてない、、 >>

gimme shelter

放射能に汚染された町で仕事していると時々フワフワとしたイイカゲンな感覚に襲われる。

体は放射能の影響を受けるほどではないと思うが、初年度は何度か高熱が出て、ややナーバスになったりしたが最近は、不買的行動に対して怒りの矛先を向けるわけでもなく、崩壊しかけた企業を継続させるために良い商品を供給することと、心身ともに疲弊した町の人間たちの雇用を少しでも確保することが先決になっている。

 

数名のスタッフで常駐する際はさほど考える時間もなく目の仕事を淡々とこなす事に集中するのだが、一人で常駐する際は無性にこういう曲をiPodから引っ張り出して聞く機会が多い。

 

そして聞いているうちに腹立たしくなってくるのだ。

何に?と問われても、その矛先はあまりにも多いから、「別に」と答える。

 

Gimme shelter
ストーンズ1969

ニクソンがベトナム戦争を止めると言って大統領になったものの、カンボジアやラオスに、そして北爆を引き出し、嘘が嘘を呼び、挙句にウォーターゲートで失脚するアホな大統領下での核と戦火の恐怖を皮肉っている。

 

Watch the tower、ディランの名曲をジミヘンがロックにした。

これは感覚としてフィットするのだが、ディラン特有の皮肉っぽい詩の内容が、今でも理解に苦しむ。

gimme shelet と叫びたくなるけれど、福島との関わりは当面続く。
 

Gimme Shelter
All Along The Watch Tower

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM