<< 寒いけど暖かい | main | 手術 >>

BAR





「店主の帽子」で知られているバーが銀座にある。
店主が店にいるときは帽子が掛けられていて、不在の時はそうでない。
長いこと通うも、今じゃ銀座からは足が遠のき、無沙汰している。


その同じ名前の店がサイゴンにあった。
もしや!と店に入ると久しぶりにオーナーのK
氏と再会。
朝まで歌舞伎や文楽、能の話で盛り上がる。

その店が銀座以外にも都内にあるのを今日知る。

早速入ってみるが、お相手は粋なおネエさんではなく、無粋なメンズ。
仕事での緊急の打ち合わせで、店を探していたとき偶然に発見した。

さすがにK氏は不在だったが、銀座とはお客さまの層が違う。
昔は、午後2
時過ぎに打合せがあると、ホテルのバーを利用したものだ。
酒臭い顔をしてオフィスに戻っても咎められることのない時代だった。

そのホテルのバーも効率性から午後2
時に開店することなどなくなったな。
自分の通っていた時代のバーとは異質な文化があるのかもしれない。

 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM