<< 外国で作業するとき | main |

チームの力



本来ならローマからブリュッセルに回る予定が日程の折り合いがつかず、別のクルーがブリュッセルへ。そのブリュッセルでテロが実行された日に出発するクルーは当然キャンセル。かわいそう。パリもロンドン、ローマもやばいなと思いつつも、すべてが無事に終了。
楽器の搬送、特に琴など長尺ものは、アリタリアはOKなものの、英国航空がNG、エアフランスなどは無回答ときた。それぞれ当地でプロの方、素人の方から拝借し事なきを得る。
琴は3辺の合計が2300mmほどになり、超過料もばかにならん。
大道具も大掛かりになると3辺3500mmほどになり、重量超過はもちろん長さも超過となる。オーバーチャージだけで数十万にもなる。
最近は目の前で計測するからバッチリ取られる。数僖ーバーは容赦されたけど、1kgの超過は誤魔化しきれず当地に置き土産。
今後の海外公演は様々な影響で、大掛かりなものの輸送は船便に頼ることになるだろうな。欧州だと2ヵ月以上はかかるけど経費的には助かる。

先発隊のローマでの滞在時間は36時間。ローマでの印象はただただきつかった。その分ロンドンでは先発組に多少の余裕が生まれた。しかし、夜間の作業ができないため、本番当日は朝一番から開始。最低人数のスタッフでの作業は集中を要し、何とか本番に間に合う。

片道移動の13時間は疲労する。ましてや今回は特に最低人数のクルーのため、二役三役は当たり前。時差や初めての地での見学、公式行事など、疲労がさらに倍加する。それ以上に出演者やスタッフには酷を科し申し訳ない。





 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM