寒いけど暖かい




さみなーーと思ったら室内でも氷点下8度。
ヌクヌクを抜け出し、ストーブを点ける気力さが乏しい。


案の定、6時半の外は雪。
山中の街道、日曜日のせいか車の通行は、普段でも少ないのに気配さえなし。
車の轍がない道を走るのは新鮮さがあるものの、寂寥感もないとは言えんな。

農業をやりたい願望は以前より持ち合わせていたので、気力のベクトルは真っつぐ。
ただし、福島の時と同様、企業再生という概念もやや含まれているため、生半可ではない。


やったるわい!
という思いが8
割。


とてもじゃねぇけど、やってらんねんぇな!
という思いが1
割。


やりゃぁいいんでしょ!
という開き直りが1
割。


仕事は何をしても楽なものはなし!
辛いことを棚に上げず、目の前のことの片付けを重ねていくと終点が見えてきて、次のスタート台に立てる。

人間様の温かみがよくわかるようになってきた今日この頃。

寒いけど暖かい!








 

農爺から文楽制作者





暮れるな〜今日も。
暮れてしまうと気が抜けるヤツ。
暮れてから動きが良くなるヤツ。

農爺は、暮れたら酒を飲んで眠ってしまう。
テレビもねえし、YouTube
も見られんし。

まだ、都会が恋しいとは思わんな。
まあ、たまに帰京してるせいもあるけどさ。


今週末は勘十郎さんと、下関市、山口市で文楽講座。
そろそろレビューしとかんと。




 

葉もの




夜中に何度も目が覚める。
寒いのなんの。ついでに掛布団を飛ばしてたから、倍の寒さを体感。
寒暖計は−8
度だと。ここはシベリアか!と、行ったこともないくせに。

強制労働した方々からすれば、−8度の室内など大した問題ではないのかもしれん。
 
寝不足の農爺、今日は鶏舎からハウスへ出かけ収獲。
ルッコラに京水菜、サラダほうれん草、、、など葉物ばかり。
有機野菜を土壌に這うようにして収獲すれば着てるものは泥んこ。



それよりハウス内の気温は30度超。作業中は汗をかきっぱなし。
ガンガン飯を食っていても、ベルト無着用だと作業パンツはズルズル。

体重は計測しておらず。






 

通勤路




朝は氷点下10度。
昼頃にはプラス10
度。
この差が自然を美しくさせる。
この中を通勤する人間にはやや過酷だが。

生き物を扱う難しさ、大切さを改めて感じています。







 

大晦日





今年は長野の佐久市で年末年始。
無農薬と有機の養鶏と野菜作り。


暑いベトナムから、寒〜い長野の地で。

来年はもっと良いものを作りまっせ。


11月末に横浜へ引っ越ししても、自宅にいたのは三日ほど。
三度目の成人式を迎えた今年は、めまぐるしく動く。


今年もお世話になりました。ありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。
皆様、良いお年をお迎えくださいませ。
大晦日、ちょっと酔っ払いの農爺。



 

アイスバーン




吹雪が続いたのち、ようやく晴れましたね。

寮は、今朝7時で氷点下5度。

昨夜雨が降り、地震もありました、自然の驚異を感じてます。

雪の上も下もフリーザー。
アイスバーンの道路はヨーロッパで経験していたので、走り方はマスター済み。
オイルを入れすぎたら四駆でもスリップ。

晴れが続けば溶け出す。
氷の世界も、刻々と変わる。

おかげで農園まで30分のところ50分もかかり遅刻。

いろんな経験ができて、雪の町の生活も楽しいです。


 

大雪





朝から雪が降り始め、午後は真っ白な世界。
農園は仕事にならず早々と店仕舞い。
鶏舎に入る雪を防ぐ仕立てをしたけど、鶏たちも寒いだろうに。

本日は、全員が酒を飲まない忘年会を初体験。

東京と違い電車もバスもない地域は車だけが頼り。
鍋をつつきながらコーヒーだ、ベリージュースだ、コーラだ、と不思議感たっぷり。


ノンアルビールを二本飲んで帰宅の途に。

氷点下だから道路は、雪の下はアイスバーン。

急坂を一速と二速で誤魔化しながら上る。
除雪していない積雪30
センチ以上の所でとうとう前進できず、何度かトライして、最後はあきらめた。
車を放り出し、荷物担いで夜の雪中行軍でようやく到着。

雪の中を歩くのは体力がいるのを実感。酒を飲んでいなくてよかった、は今日の結論。
昨夜はシカに遭遇し、数分後にはカモシカに遭遇。
シカは車を見ると逃げるがカモシカは悠然とこちらと対峙する。遠目で見るとクマのようにも見え一瞬あせったぜ。自然の中にいると、東京にはない面白さがいっぱいあっていい。



 

初冠雪





8時前に農場へ来ると冠雪した浅間山が。

連山の北側は嬬恋村、南側は軽井沢町。


雲が千数百メートル付近でたなびき、雲の下にある町は放射冷却現象により、この佐久平よりは暖かく感じるはず。

さて、今日は農場ではなく鶏舎での仕事。
現在は生産計画に基づくマーケティング戦略を構築中で、新会社に生まれ変わったと同時にお披露目。
信州佐久のオーガニックの、安全な野菜や卵を届けますよ。

 

11月15日




メールやフェイスブックで、誕生日のメッセージをたくさんの方より頂戴し、感謝。
 
一回目の成人式は学生時代で、式には出席せず、人を避け海外をうろついてました。
二回目の成人式はバブル崩壊期の真っ只中で、このころはホテルの勤め人でしたがアジアをうろついてました。
三回目の成人式の今年は、ほっつき歩きもせず、信州の佐久市の畑の真ん中で鶏たちと、農園の皆さんと一緒でした。

 
小麦の種まきを終え、消防署に野焼の書類を出し、朝から薪をくべていました。明日も野焼の続きを早朝から。
 
肉体労働の後は温泉に行って筋肉をほぐすという日々が続いてますが体調は良しw
かえって腰椎管狭窄症もおとなしくしてますね。

寮に戻り、ほうれん草を炒めたのと、獲れたての大根をスライスしたもの、いちおうご飯を炊いて、今日はそれで終了。ただ、オリーブオイルが液状化現象を起こしていた。
特別なことはなく淡々と過ぎていきますね。
四回目の成人式はあるか、な〜。

皆様には引き続きよろしくお願い申し上げます。
 


 

小麦の種まき



佐久農園、今日のミッション。
小麦の種蒔!

本来なら10月中の作業。
休耕中の畑を使用。
獲れる獲れないはともかく、実験農場としてチャレンジ。

 
トラクターでの耕作以外はすべて手作業。
耕した土の上に筋をつけ、種をまいて土をかぶせる。
クワなど農機具の使い方も覚え、毎日が楽しい。
終われば、売り先との交渉。

マーケティングにおける生産計画は農場にとって死活問題。今まで多くの農家が手をつけられなかった死角。
さてさて、畑仕事は腰にきますな。
終われば温泉に行って、夕食とって、9
時には就寝。

 
 




 

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM